成長領域・重点領域にリソースを集約できない日本


GDPの総額と成長率の推移を他の主要国と比較すると、過去30年日本が経済を成長させていくということについて機能不全に陥っていることがわかります。理由については色々考察されていますが、私たちは成長領域・重点領域へのリソースの集約そのものが機能していないと考えています。
米国等の人材の流動性の高い国では新たな産業になりうる成長領域にスタートアップが興ると資金に加えて関連領域の既存企業から当該領域における経験・知識を備えた人材もスタートアップに移動し、成長領域対してベストなリソースを短期間に集約することが可能になっています。これをエンジェル、VC、インキュベータ、アクセラレータ等が効果的にサポートしていくことによって、新産業が生まれていっています。

かたや日本では、成長領域にスタートアップが興ったとしても当該領域における経験・知識を持つ既存企業の人材がスタートアップに移動してこないため、スタートアップが活発に活動できる領域が限定的です。既存の各企業の新規事業担当者やR&D担当者は限られた少ない予算でそれぞれ個別に何等かの取り組みを行っており、リソースの集約が圧倒的に不十分です。

スタートアップと大企業のマッチングなどの動きはあるものの、個社の限定的な予算とスコープの範囲内の取り組みになってしまいバリューチェーンを再構築する新産業を創造するまでには至っていないと思われます。


日本流の新産業創出の仕組み(仮説)


このような日本の環境においては、スタートアップを効果的に支援していけば、もしくは大企業とマッチングだけ行えば新産業が創出されていくだろうと安直に考えていてはいけません。流動性の低い大企業の人材・アセットをどのように同じ船に乗せ、スタートアップの活力やリスクマネー等も活用した上で、一つの成長していく事業体を作り上げ、成長領域に漕ぎ出していくのか、実例を通じて各種のひな型を取りそろえ、認識を共有していく必要があります。

複数社・複数業界にまたがる複雑なエコシステムを協創会(協議会)でデザインし、事業体を設立していく『協創会(協議会)モデル』、一社のケイパビリティ、予算とスコープだけではスケールしない新規事業をカーブアウトで外部化し事業体としていく『カーブアウトモデル』、その逆で既存企業の事業領域を加えることで大きな成長が期待できるスタートアップに当該企業の人材を交えて成長可能な形にしていく『スケールアウトモデル』等、複数の既存企業・スタートアップおよび外部人材が一つの船に乗っていくためのやり方としていくつかの類型が考えられます。

SUNDREDでは、『新産業共創スタジオ』を通じて各類型(仮説)を検証し、日本流の新産業創出の仕組みを創り上げていきます。