日本のイノベーションを軌道に乗せるための「3つの問い」とは?――「新産業共創スタジオ」によるミートアップイベントをレポート!

SUNDRED株式会社と一般社団法人Japan Innovation Network(以下、JIN)が共同運営する「新産業共創スタジオ(Industry-up Studio)」では、共創により100個の新産業を生み出すことを目標としている。「新産業共創スタジオ」は「企業」ではなく「産業・エコシステム」の共創にフォーカスする点が特長的だ。従来の共創あるいはオープンイノベーションの考え方では、まず個々の企業が起点となり、共創相手を見つけてから事業を生み出すという流れが定番だが、この順序が逆になる。

さらに「新産業共創スタジオ」では、成長領域における産業のエコシステム構築と、中核となる事業体の成長加速プロセスを実装。必要な企業、人材、アセット、賃金などのリソースを集約して新産業の共創に取り組んでいく。2019年7月の始動以降、SUNDREDが主体となっていくつかの取り組みを行い、新産業共創プロセスの有効性が確認できたため、今回、外部から新産業のアイデアを募集するプログラムをスタートすることとなった。

8月28日には「Industry-Up Meetup」と題し、企業の役職者やオープンイノベーション推進者をはじめ、スタートアップ、中小企業、アクセラレータ、投資家を対象としたミートアップイベントを東京ミッドタウン日比谷内のBASE Q ホールにて開催。その模様をレポートする。

詳しくはこちら

日本のイノベーションを軌道に乗せるための「3つの問い」とは?――「新産業共創スタジオ」によるミートアップイベントをレポート!