SUNDRED株式会社は、株式会社デジタルシフト、株式会社LIFULL、日本駐車場開発株式会社と共に、一般社団法人ナスコンバレー協議会を発足したことをお知らせします。

 

「ナスコンバレー」とは、21世紀型社会に求められるソリューション(エコシステム、サービス、製品)の共創・実証実験・社会実装の場です。社会・社会人・市民をを中心に、未来社会の現実解となるソリューションを共創していく国内最大規模のリビングラボです。

リビングラボとは多様な関係者が集う場で、実現したい未来のイメージや、解決すべき社会課題を共有し、関連する知見や技術・ノウハウ、ソリューションを集約し、新たな結合(イノベーション)を構想・実証・実装することによって地域や社会の活性化を推進していくための仕組みです。

各所で行われている仮説づくりや、プロトタイプの作成といったイノベーションのための活動を、那須地域の広大な実証フィールドに持ち寄り、具体的な課題に向き合いながら実装と検証を進め、新たな知識創造を行っていきます。

ナスコンバレーでは、各セクターからより良い社会を創るという目的に向けて行動する社会人「インタープレナー」たちが集い、対話を通じて未来のイメージの解像度を高め、ソリューションの構想・実証・実装を進めていきます。

詳細、お問い合わせは、公式サイトをご確認ください。

公式サイト
https://nasucon.jp