PROJECT NAME
PROJECT NAME
PROJECT NAME

プロジェクト概要プロジェクト概要プロジェクト概要プロジェクト概要
プロジェクト概要プロジェクト概要プロジェクト概要プロジェクト概要
プロジェクト概要プロジェクト概要プロジェクト概要プロジェクト概要

Background
産業の背景と課題

日本は、国土の約7割が森林という、
世界でも有数の森林大国です。
けれど、森は多くの課題も抱えています。

Problem of ...
Ecosystem
生態系的課題 - いかに保全するか -

森林には、木材資源を産み出す機能だけでなく、二酸化炭素の吸収、生物多様性の保全、水源の涵養、土砂災害の防止といった、私たちの生命を支える重要な役割があります。気候変動をはじめとする環境問題が深刻化する昨今、あらためて森林の価値が見直され、その価値が経済のロジックにも組み込まれようとしています。こうした流れも活かしつつ、森を乱開発や荒廃から守り、人の活動によって森林が保全される仕組みを創ります。

Safety
林業的課題 - いかに経済循環を生むか -

林業は深刻な担い手不足に直面しています。その背景にあるのは、木材需要の縮小に伴う、木の価格の下落です。
山の所有者に十分な収入が入らないことで、伐採後の再造林が進まないという課題もあります。植林や育林をしてもシカ等の動物に食べられてしまう獣害も大きな課題です。資源が持つ価値を最大限に引き出し、エコシステム全体に健全な経済循環を生み出すことで、伐採後の森が確実に再生する、持続可能な生産の仕組みづくりを目指します。

Culture
文化的課題 - いかに森と人とを近づけるか -

かつては森と共に暮らしてきた日本人ですが、都市化が進み、里山文化が失われつつある今、多くの人にとって、森は遠い存在になりました。けれどひとたび森に入れば、森は私たちを癒し、創造性を刺激し、気付きを与え、人が生まれ持つ生命力や野生を回復してくれます。森の魅力を最大限に引き出し、その楽しみ方や活かし方を提案することで、人が積極的に森に関わるようになるような、仕組みと文化を創ります。


Vision
フォレストリバイタライズ産業ビジョン

森に人が関わるほどに、生態系が回復し、
人々の心も暮らしも豊かになる、
価値循環の仕組みをつくる。

森の魅力化

#森林空間を活かした価値創出
#木質資源を活かした価値創出
#森の魅力の発信

森のデジタル化

#森の計測
#森での活動の可視化
#森のデータベース構築

繋がりのプラットフォーム化

#森をハブとした共創コミュニティの形成
#森と人の繋がりの可視化
#保全された森の価値の可視化


Ecosystem
エコシステムイメージ

点在する森林関連プレイヤーをデジタルで繋ぎ、
人々の叡知とワクワクを集めながら
発展するプラットフォームの構築を目指す。

Agenda
フォレストリバイタライズ産業の場合
Vision
大目標
自然と調和する持続可能な産業の創出

環境へのポジティブな影響を最大化し、経済活動を通じて自然保護と回復を促進する。
環境、社会、経済の三方良しのバランスを自指し、新しい産業を創造する。

Theme
/Needs
中目標
Action
小目標

自然環境の保全と回復

自然資本、生物多様性の保全と
生態系サービスの強化を目指す

  • 自然保護区の設置と管理

  • 生物多様性のモニタリングとデータ収集

  • 環境修復プロジェクトの実施
    (植林、河川の浄化など)

  • 持続可能な農業・林業の推進

  • 環境影響評価の強化

資源の特続可能な活用

循環型経済の推進、
再生可能工ネルギーの普及により、
資源の持続可能な利用を図る

  • 再生可能エネルギーの開発と導入

  • リサイクルとアップサイクルの促進

  • サステイナブルな素材への切り替え

  • 水資源の持続可能な管理

  • ゼロウェイストイニシアチブの促進

環境教育と意識の高揚

社会全体の環境意識を高めるための
教育プログラムと啓発活動の実施

  • 環境プログラムの開発と実施

  • コミュニティベースの環境促進活動

  • メディアとの連携による
    環境問題の開発

  • 持続可能性をテーマにしたイベント、
    シンポジウムの開催

  • 企業・学校でのサステイナビリティ
    ワークショップの開催

環境価値を生み出す
ビジネスモデル

環境配慮型のビジネスモデルと
製品・サービスの開発

  • エコフレンドリーな製品と
    サービスの開発

  • 環境と共生を目指した
    ビジネス戦略の策定

  • グリーンテクノロジーへの投資と
    イノベーションの促進

  • サステイナブルな、
    サプライチェーンの構築

  • 環境価値を配慮した
    価格設定とマーケティング戦略

Agenda
フォレストリバイタライズ産業の場合
Vision
大目標
自然と調和する持続可能な産業の創出

環境へのポジティブな影響を最大化し、経済活動を通じて自然保護と回復を促進する。
環境、社会、経済の三方良しのバランスを自指し、新しい産業を創造する。

Theme/Needs
中目標

自然環境の保全と回復

自然資本、生物多様性の保全と
生態系サービスの強化を目指す

Action
小目標
  • 自然保護区の設置と管理

  • 生物多様性のモニタリングとデータ収集

  • 環境修復プロジェクトの実施
    (植林、河川の浄化など)

  • 持続可能な農業・林業の推進

  • 環境影響評価の強化

Theme/Needs
中目標

資源の特続可能な活用

循環型経済の推進、
再生可能工ネルギーの普及により、
資源の持続可能な利用を図る

Action
小目標
  • 再生可能エネルギーの開発と導入

  • リサイクルとアップサイクルの促進

  • サステイナブルな素材への切り替え

  • 水資源の持続可能な管理

  • ゼロウェイストイニシアチブの促進

Theme/Needs
中目標

環境教育と意識の高揚

社会全体の環境意識を高めるための
教育プログラムと啓発活動の実施

Action
小目標
  • 環境プログラムの開発と実施

  • コミュニティベースの環境促進活動

  • メディアとの連携による
    環境問題の開発

  • 持続可能性をテーマにしたイベント、
    シンポジウムの開催

  • 企業・学校でのサステイナビリティ
    ワークショップの開催

Theme/Needs
中目標

環境価値を生み出す
ビジネスモデル

環境配慮型のビジネスモデルと
製品・サービスの開発

Action
小目標
  • エコフレンドリーな製品と
    サービスの開発

  • 環境と共生を目指した
    ビジネス戦略の策定

  • グリーンテクノロジーへの投資と
    イノベーションの促進

  • サステイナブルな、
    サプライチェーンの構築

  • 環境価値を配慮した
    価格設定とマーケティング戦略

Member
プロジェクトメンバー一覧
留目 真伸
Todome Shinji
SUNDRED株式会社 代表取締役|パートナー
山口 有里
Yamaguchi Arisa
SUNDREDインタープレナーコミュニティメンバー

Partner&Client
取引先一覧
さまざまな業界のリーディングカンパニーと共に
事業の実現を目指しています。